在宅診療案内

ご挨拶

岡田徹也 在宅医療部長

在宅医療部長 岡田徹也

超高齢社会となった現在、障害や病気をもちながらも、住み慣れた環境で生活しながら療養を続けたいと望む方が増えています。しかしながら、自宅や高齢者施設での療養では、安心した継続的な医療を受けられない不安や、実際どうすればよいのかわからず、入院生活を強いられるケースも多々見受けられます。

このような状況の患者様にもご自宅やお住まいの施設で安心して継続的な医療をうけながら生活していただくため、当院では複数医師による365日の診療体制を組み、訪問診療を行っております。

社会背景、疾患背景によりそれぞれの患者様にあった療養方針を、患者様およびご家族のご意向をふまえ相談のうえ決定し、安心した療養ができることを第一に考え、診療させていただければと存じます。お気軽にご相談いただければ幸いです。


在宅診療のご案内

医師の治療を定期的に受ける必要があるものの、通院が困難な患者様に、ご自宅まで伺い、定期的な診察や治療を行う医療です。

患者様の日常の変化を確認するために予め日時を決め、定期的な訪問診療を行います。当院は複数の常勤医師による機能を強化した在宅療養支援診療所として登録しており、病状の変化があった場合には、担当医へ夜間・休日を含め電話連絡できる体制を整備し、夜間・休日でも必要に応じ、緊急の往診もおこなっております。


在宅診療の対象となる患者様

  • 通院が困難な方が在宅医療の対象となります。
  • 末期がんなどで、ご自宅での療養を希望される方

以下のような医療を受けているため、入院療養を続けている患者様でも訪問看護ステーションとの連携により、ご自宅での療養が可能です。詳しくはご相談下さい。

  • 鼻腔や胃ろうよりの成分栄養管理
  • 中心静脈栄養法
  • 酸素療法
  • 褥瘡の治療
  • 膀胱留置カテーテル
  • 末期ガンの疼痛管理
  • 筋力低下や麻痺などによるリハビリテーション
  • 外出に車いすが必要になり、付き添う家族の負担がおおきくなってきた
  • 体力的に待合室で座っている事が辛くなってきた
  • 認知症があり、病院へ付き添う家族の負担が大きくなってきた
  • ベッドからの離床が困難な方
外来診療電話番号 03-3920-1232 在宅診療電話番号 03-6712-0388

休診のお知らせ

平成29年12月29日(金)~平成30年1月4日(木)は外来診療は休診とさせていただきます。 土曜日午後、日曜、祭日、水曜午前は休診となります。

  • 在宅診療について
  • 院長著書の紹介
ページの一番上へ